ずいほう志ぐれ

桑名名物瑞宝志ぐれの佃煮、志ぐれ煮をどうぞ!平成26年度全国推奨観光土産品審査会で受賞させていただきました。同年伊勢神宮外宮奉納市に瑞宝志ぐれを奉納させていただきました。誠にありがとうございます。

商品カテゴリ


 

HOME»  味へのこだわり

味へのこだわり



【味の決め手はたまり】

 

志ぐれ・佃煮の味を決めるのは、たまりをいかに丁寧に作ったかにあります。

瑞宝志ぐれは、杉樽でじっくりねかせた天然醸造たまりを昆布、鰹等の食材をふんだんに使用して

絶妙な割合で調合したたまりです。食材、分量、タイミング等がすべて組み合わされた瞬間に

初めてまろやかでこくのあるたまりが出来上がるのです。

瑞宝志ぐれは30年以上前から変わらぬ味でたまりを調合しており、その創業以来の味を知るもののみが味

を守り続けています。

 

たまりが決めて
たまりが決めて
たまりが決めて

素材へのこだわり

                   

【ふっくらとしたあさりのみを使用】

 

当社では、あさりは必ず4月~5月にかけて獲れたものしか使用しません。

あさりは4月~5月は産卵前で身が肥えて、脂がのっており、おいしいからです。

瑞宝産業のあさりは一般的なあさりの「硬い」というイメージではなく「柔らかい」のが特徴です。

その理由の一つとして、良い時期に獲れた良い素材を使用しているからといえるでしょう。

 

炊き方へのこだわり

炊き方へのこだわり

 

【浮き炊き製法】


当社のあさりの佃煮が柔らかくふっくらとしているのには炊き方にも秘密があります。

当社では昔ながらの「浮き炊き製法」という方法を採用しております。

浮き炊き製法は、柔らかく炊き上がる他にも、ムラなく味付けができるというのも特徴です。

瑞宝産業では全ての作業を手作業で行っており、特に炊き上げの時には約70℃の熱に耐えながら手作業で

炊き上げなければいけないため手間もかかり効率も悪いですが、手作業でなければ当社の味は出せないの

です。

 

佃煮、しぐれの瑞宝産業 TEL.0594-23-1646 FAX.0594-21-1811